JAL、オーバーブッキングに伴う欠航で陳謝 11月21日に発生

AVIA Чартер - приложение для заказа джета

日本航空(JAL)は2018年11月21日(水)、羽田発福岡行の最終便JAL335便の欠航について陳謝しています。

当該日のJAL335便は、予約数が座席数を上回るオーバーブッキング状態で、予約済みの旅客から自主的に便変更などに了承する方を募集し、これに応じた旅客が集まったものの、調整に時間を要しました。これに伴い、羽田発が大幅に遅れ、福岡空港の運用時間に間に合わないことが想定され、欠航となりました。福岡空港の運用時間は24時間ですが、定期便が使用できる時間は7時から22時と定められています。

Деловая авиация на Ближнем Востоке и в Средней Азии

JALでは、募集に応じて自主的に便変更を了承した旅客を含む当該便の旅客に対し、宿泊費の精算などで連絡したい事項があるとして、同社が設けた専用窓口への連絡を呼びかけています。

オーバーブッキングは航空会社として搭乗口に来ないノーショーを予想して対応しているものの、今回の欠航に至るまでの事態についてはJALは陳謝し、「二度と発生させることのないよう、再発防止に努めてまいります」とコメントしています。

Авиаперелеты на мероприятия и события

Читайте также:  JMB、羽田発着北海道路線でPontaポイントをプレゼント 1月から

Related Posts