JAL、12月から日本発着バンコク線で「ドイトゥンコーヒー」を提供

AVIA Чартер - приложение для заказа джета

ドイトゥンコーヒー イメージ

日本航空(JAL)は2018年12月1日(土)から、日本発着のバンコク線で「ドイトゥンコーヒー」を提供します。

Деловая авиация на Ближнем Востоке и в Средней Азии

JALとミカフェートは2011年に提携し、機内で最高に美味しいコーヒーの提供を目指したサービス「JAL CAFÉ LINES」を通じて、コーヒーの開発に取り組んでいます。

「ドイトゥンコーヒー」は、麻薬撲滅の平和的問題解決を目的とした「ドイトゥン開発プロジェクト」の一環として、麻薬を栽培していた畑をコーヒー農園に転作してできたものです。提供されるコーヒーは、ミカフェートが現地でコ-ヒーの栽培技術指導を行い、タイの貧困問題解決に取り組むメーファールアン財団と共同で開発したもので、まろやかでミネラルが感じられる、すっきりとした後味が特徴です。

このコーヒーは日本発着のバンコク線で、エコノミークラス、プレミアムエコノミークラス、ビジネスクラスで提供されます。詳しくは、JALのウェブサイトを参照ください。

Авиаперелеты на мероприятия и события

Читайте также:  JAL、CAPAのアジア・パシフィック・エアライン・オブ・ザ・イヤー受賞

Related Posts