JAL、12月の国際貨物の燃油サーチャージを改定 1段階値上げ

AVIA Чартер - приложение для заказа джета

日本航空(JAL)は、2018年12月1日(土)から12月31日(月)に適用する日本発国際貨物燃油サーチャージを値上げします。基準となる2018年10月のジェット燃料の平均価格が1バレル当たり95.02米ドルで、燃油指標価格が「95.00以上100.00未満」にあたることから、11月末までの徴収分から適用条件表で1段階分、値上げとなります。

Деловая авиация на Ближнем Востоке и в Средней Азии

12月からの路線別の燃油サーチャージ額は、アメリカ、ヨーロッパなどの遠距離路線が1キログラムあたり48円、アジア遠距離路線が24円、香港、中国、フィリピン、台湾、韓国、グアムのアジア近距離路線が24円となります。詳しくは、JALのウェブサイトを参照ください。

Авиаперелеты на мероприятия и события

Читайте также:  JAL、11月23日に福岡市早良区と「健康ツーリズムイベント」を開催

Related Posts