JAL地域紹介シリーズ、12月は富山県を特集 世界遺産の集落など

AVIA Чартер - приложение для заказа джета

機内誌「SKYWARD」特集

日本航空(JAL)は2018年10月から12月の地域紹介シリーズで、「中部」を特集し、12月は富山県をクローズアップしています。

Деловая авиация на Ближнем Востоке и в Средней Азии

このうち、機内誌「SKYWARD」12月号の日本語記事では、世界遺産に登録されている「五箇山」の合掌集落や日本遺産に認定された木彫りの町「井波」などを紹介するほか、英語記事では富山県西部にある南栃市の「井波彫刻」を特集しています。

広域エリア特集「日本めぐり」では、10月から12月は「職人の想いを形に」と題して3回に分けて紹介します。12月は、1300年もの歴史がある越中和紙を現代風に加工し、伝統とモダンが融合する「型染和紙」の魅力を紹介します。

また、お笑いコンビ「パックンマックン」がお薦めスポットやグルメを紹介するオリジナル番組「パックンマックンのなるほど日本!旅サーチ」では、「前田利通公が残した美を探す」をテーマに、富山県高岡市を紹介します。詳しくは、JALウェブサイトを参照ください。

Авиаперелеты на мероприятия и события

Читайте также:  JAL、中部地区の「JALわく旅キャンペーン」で岐阜・愛知をPR

Related Posts